株価の目安

株式会社設立での株価の目安について

株式会社設立をするときには出資してもらった人に株式を発行しますが、そのときには1株あたりの価格を決めなければなりません。
株価に関して何らかの規制があるわけではありませんから、たとえば10円にしても良いですし、100万円にしても良いです。
好みで決めれば良いのですが、まず出資しやすさを考えることは必要となってきます。

たとえば、株価が100万円だったとしましょう。
これくらいなら出資しようかと思う人がいるかも知れませんが、少し金額が高いと感じる人もいるのではないでしょうか。
株式は1株単位でしか譲渡ができませんし発行もできませんから、10万円だけ出資したい人に対して0.1株を発行すると言ったことはできません。
ですから、100万円に設定すると、出資のハードルが上がるわけです。
まだ経営が始まっていない会社に対して100万円を出資するのはリスクが大きいでしょう。
できることなら少額にした方が良いと考えられます。

しかし、小さすぎるとそれはそれで問題になることもあります。
株式会社設立の時に、1株を1円とすることもできますが、増資のことも考えなければなりません。
成長して増資をする場合には1株あたりの価格を上げれば良いですが、そうではない場合にはディスカウントしなければならない場合もあります。
このときに、1円であればそれよりもディスカウントすることはできませんから、増資の際にデメリットを感じることになるでしょう。
このようなことを考えれば、最小単位は小さすぎず大きすぎずというのがベストだと考えられます。
株式会社設立をするときには、1万円から5万円くらいに設定している人が多くいますが、これが妥当なラインではないでしょうか。

たとえば5万円くらいなら出資しても良いだろうと思う人はいるでしょうから、少額ずつ多くの人から出資を募ると言ったこともできます。
また、経営権についても考えていかなければなりませんから、たとえば100万円に設定して合計で300万円の資本金を集めて株式会社設立をした場合、3人で100万円ずつ出資するという形になれば、残りの2人と対立したときに経営権を握られてしまいます。
自由に経営を行いたいのなら、3分の2の株式は保有しておいた方が良いですし、最低でも過半数の株式は保有しておくべきだと考えられます。
このようなことも考えれば、株式会社設立をするときの株価は、やはり1万円から5万円くらいに設定しておくのが妥当だと考えられます。