必要な資金

株式会社設立に必要な資金はいくら?

株式会社設立をするときには、もちろんですがまとまった資金が必要となります。
では、実際にはいくらくらいあれば良いのでしょうか。
一概にいくらと決めることはできませんし、法律による制限も甘くなりましたから、安くしようと思えば30万円くらいでも可能です。
しかし、現実的なことを考えればいくらでも良いわけではなくて、やはり300万円くらいは必要だと考えておいた方が良いです。
株式会社設立にかかるいろいろな費用をまず把握しておく必要があります。
電子定款を作成すれば安くすることができますから、ここでは電子定款を作成する前提で費用の内訳を開設します。

まず、定款の認証費用が5万円かかります。
これは公証人役場に支払う費用で、株式会社設立をするときには必ず支払わなければなりません。
そして、登記申請時には登録免許税として15万円を支払わなければなりません。
電子定款の作成は自分で行うよりも業者に頼んだほうが安い場合が多く、そのための報酬を支払わなければなりません。
この報酬の金額は業者によって異なりますが、1万円あればだいたい何とかなります。
ですから、まず21万円は必要となります。

一人で株式会社設立をする場合、他にかかる余計な費用をカットできますから、後必要なのはコピー代や交通費くらいなもので、だいたい21万円が費用としてかかってくると考えておいて問題はないでしょう。
これに資本金を準備しなければならないという点に注意しましょう。
資本金の金額に対する規制はありませんから、たとえば1円でも良いわけですが、資本金があまりにも小さいと取引先の信用を得ることはできなくなります。
取引先として重要なものがメインバンクで、もしも銀行が取引をしてくれなければ法人口座を開設することができませんから、実務を行うのは難しいでしょう。
では、どれくらいの資本金があれば取引をしてくれるのかと申しますと、その目安が300万円です。
300万円あれば問題はないと考えられます。

この金額は、かつて親切が認められていた有限会社を設立するために必要となった資本金で、現在でも300万円の資本金で設立された会社はたくさんありますから、これだけあれば普通の会社として認められるでしょう。
300万円が厳しいというのなら100万円でも良いとは思いますが、1万円や10万円くらいで株式会社設立をするべきではありません。
法人格だけを欲しいのなら資本金を1万円にしても良いですが、会社を成長させたいのなら300万円くらいはアタ方が良いです。